ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

無料のタイムスタンプとは?無料タイムスタンプ業者や発行方法も紹介

歯車と女性

電子契約書の改ざんを防止するのに役立つのが「タイムスタンプ」です。

タイムスタンプとは、電子文書が作成された時刻情報を付与し、それ以降書き換えられていないことを証明するための技術を指します。

電子契約を締結する場合は、日本データ通信協会の認定タイムスタンプを用いるのが一般的です。

この記事では、タイムスタンプを導入するための費用の目安や、無料でタイムスタンプを発行する方法について解説します。

▼タイムスタンプについてお調べ中の方へ
3分でわかる!電子帳簿保存法2021年度改訂版の無料ダウンロードはこちら

【3分でわかる】タイムスタンプ」資料でお悩み解決!

・タイムスタンプの効力について調べている方

・タイムスタンプを付与する方法・発行の流れを調べている方

・タイムスタンプの具体的な有効期限を知りたい方 など

【公式】https://e-signing.jp/にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

タイムスタンプとは?電子データの改ざんを防ぐための技術のこと

時計と積み木

タイムスタンプとは、電子データが作成された時刻情報を付与し、改ざんを防ぐための技術です。

総務省はタイムスタンプを「ある時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないことを証明する技術」と定義しています。(※1)

(※1)タイムスタンプについて|総務省

タイムスタンプを利用する理由や目的

電子契約を締結するとき、タイムスタンプが必要な理由は主に下記の3つです。

・電子契約書が「いつ作成されたか」を客観的に証明するため
・電子契約書が改ざんされていないことを証明するため
・タイムスタンプの有効期間(10年間)まで電子契約書の有効性を維持するため

契約書のような企業のやりとりにおいて重要な情報を記載している書類は決して改ざんなどされないように管理しておく必要があります。タイムスタンプがなく、電子上で管理をしていると情報を書き換えたり、情報を入力するタイミングを故意に遅らせたりなど簡単にできてしまいます。タイムスタンプ機能があることでこれを防ぐことが可能になっています。

タイムスタンプの仕組みと流れ

タイムスタンプの仕組みは主に下記の図のようになっています。

①A社がタイムスタンプを時刻認証局(TSA)に要求
②時刻認証局から時刻配信局に時刻情報を要求
③時刻配信局から時刻認証局に付与される
④タイムスタンプがA社に発行される

※ハッシュ値とは…電子データに付与されている、特殊な計算式により元データから導き出した固定の値。
元データが1文字でも変更されると必ずハッシュ値が変更される特徴がある。

 

とはいえ、ここまで聞いてもタイムスタンプについてよく理解できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方に向けて当サイトでは3分でわかるタイムスタンプという資料を無料で配布しております。本資料の中ではタイムスタンプの概要からタイムスタンプの費用、仕組みなどタイムスタンプに関することを網羅的に解説しております。興味のある方はこちらから無料でダウンロードしてご覧ください。

タイムスタンプの導入には初期費用や月額料金が必要

スーツパソコン電卓

タイムスタンプは電子契約を安全に締結するために欠かせない技術です。

しかし、タイムスタンプの導入には初期費用や月額料金のほか、タイムスタンプ1件あたりの発行料金が必要です。

とくに一般財団法人日本データ通信協会が認定した「認定タイムスタンプ」を利用する場合は、事前に料金体系を確認しておきましょう。

タイムスタンプの初期費用や月額料金の目安を解説します。

電子帳簿保存法対応なら「認定タイムスタンプ」が必要(TSA、TAA)

銀の砂時計

電子契約書を作成する場合は、電子帳簿保存法の条件を満たす必要があります。

電子帳簿保存法とは、契約書を始めとした国税関係帳簿書類を電子データで保存する場合の要件を定めた法律です。

電子帳簿保存法の要件を満たした契約書を作成するには、一般財団法人日本データ通信協会の認定業者が発行する「認定タイムスタンプ」を利用する必要があります。日本データ通信協会の認定業者は以下の通りです。(※2)

区分
時刻配信業務認定事業者(TAA) ・アマノ時刻配信・監査サービス for TSU
・セイコー時刻配信サービス
時刻認証業務認定事業者(TSA) ・アマノタイムスタンプサービス3161
・セイコータイムスタンプサービス
・TKCタイムスタンプ
・サイバーリンクス タイムスタンプサービス
・MINDタイムスタンプサービス

認定タイムスタンプを利用する場合は、サービスの導入費用や月額料金、タイムスタンプ1件あたりの発行手数料が発生します。

また、タイムスタンプには有効期限があるため、長期署名をしたい場合は有効期限が切れる前に延長しなければならないので注意が必要です。
当サイトでは、上述したタイムスタンプの有効期限や長期署名に関して、図を用いて解説した資料を無料で配布しております。タイムスタンプや長期署名で不安な点があるご担当者様は、こちらから「3分でわかる!タイムスタンプ機能とは」をダウンロードしてご確認ください。

(※2)認定事業者一覧|日本データ通信協会

タイムスタンプの初期費用や月額料金の目安

白の豚の貯金箱とお金

タイムスタンプの初期費用や月額料金の目安について、日本データ通信協会の認定事業者であるアマノ社の「アマノタイムスタンプサービス3161」を例に紹介します。(※3)

・従量制メニュー

初期費用 月額料金 タイムスタンプの発行費用
アカウント発行費用:1アカウントにつき6,000円 月額基本料金:8,000円
※基本料金には1000スタンプ利用分を含みます。
アカウント管理費用:1アカウントにつき500円
1,000スタンプを超過した分につき8円/1スタンプ

※価格は全て税抜きで表示しています。

・定額制メニュー

初期費用 月額料金 タイムスタンプの発行費用
アカウント発行費用:1アカウントにつき6,000円 月額料金:問い合わせ
※秒あたりのタイムスタンプ数が制限

(※3)料金体系・費用|アマノ社

無料でタイムスタンプを発行することも可能!

大きい時計とスーツ男性

PDFファイルなどで電子契約書を作成する場合は、無料のタイムスタンプサービスを利用してタイムスタンプを付与することもできます。

タイムスタンプの初期費用や月額料金、発行費用がかからないため、事業コストを削減できるのがメリットです。

ただし、利用するタイムスタンプサービスによっては、電子帳簿保存法の要件を満たしていない可能性があります。

電子契約書に使用するタイムスタンプは、原則として電子帳簿保存法施行規則第3条第5項第2号の規定に沿ったものである必要があります。(※4)

①当該記録事項が変更されていないことについて、当該国税関係書類の保存期間を通じ、当該業務を行う者に対して確認する方法その他の方法により確認することができること。
②課税期間中の任意の期間を指定し、当該期間内に付したタイムスタンプについて、一括して検証することができること。

引用:問9 電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存等を行う場合には、どのような要件を満たさなければならないのでしょうか。|国税庁

ただし、2022年1月より改正電子帳簿保存法が施行され、一定の条件を満たしたシステムを利用する場合はタイムスタンプに関する要件が緩和されました。

その場合、電子契約書に無料のタイムスタンプを付与することも可能です。

(※4)問9 電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存等を行う場合には、どのような要件を満たさなければならないのでしょうか。|国税庁

無料でタイムスタンプを発行する方法

ショート髪の女性

無料でタイムスタンプを発行できるサービスは2つあります。

  • Adobe Acrobat Readerのタイムスタンプ機能を利用する
  • 「みんなのタイムスタンプ」を利用する

タイムスタンプサービスによっては、電子帳簿保存法に対応したタイムスタンプを無料で発行することが可能です。

タイムスタンプの発行方法2つの特徴をそれぞれ解説します。

※2022年6月時点の内容のため、情報が変わっている可能性はございます。

Adobe Acrobat Readerの機能で無料でPDFにタイムスタンプを付与する

Adobe社のAdobe Acrobat Readerには、電子署名やタイムスタンプを付与するためのAdobe Certified Document Service(CDS)が組み込まれているため、特別な設定なしにタイムスタンプを発行することができます。

また、アマノ社が発行するAcrobat Readerのプラグイン、「e-timing EVIDENCE 3161 for Acrobat」を利用すれば、タイムスタンプの発行と検証を同時におこなうことができます。

ただし、e-timing EVIDENCE 3161 for Acrobatはトライアル版としての位置づけのため、タイムスタンプの付与回数が100回までに制限されている点に注意しましょう。

「みんなのタイムスタンプ」で無料タイムスタンプを付与する

ベクター社の「みんなのタイムスタンプ」は、初期費用・月額料金無料でタイムスタンプを発行できるサービスです。

「みんなのタイムスタンプ」は電子帳簿保存法に対応しているため、「みんなのタイムスタンプ」でタイムスタンプを付与することで、電子契約書を安全に送付することができます。

ただし、タイムスタンプを付与するには50枚/1100円(税込み)の「TSチケット」を購入する必要があります。

タイムスタンプの付与1回につき1枚のチケットを消費するため、契約書1件あたり22円のコストがかかります。

また、タイムスタンプを付与した文書の保管期間が1年以上経過した場合は、契約書1件あたり1.1円(税込み)の保管料金がかかります。

タイムスタンプ導入には初期費用や月額料金が必要!無料で発行する方法も

黄色い時計

電子契約書にタイムスタンプを付与すれば、「いつ契約書が作成されたか」を証明し、契約書の改ざんを防ぐことができます。

電子契約書に付与するタイムスタンプは、電子帳簿保存法に対応した「認定タイムスタンプ」を利用するのが一般的です。

しかし、電子帳簿保存法の改正により、条件を満たしたシステムを利用する場合はタイムスタンプを付与しなくても法令違反にならなくなりました。

タイムスタンプの導入には初期費用や月額料金、発行手数料がかかるため、無料でタイムスタンプを発行できるツールを利用する方法も検討しましょう。

▼タイムスタンプについてお調べ中の方へ
3分でわかる!電子帳簿保存法2021年度改訂版の無料ダウンロードはこちら

【3分でわかる】タイムスタンプ」資料でお悩み解決!

・タイムスタンプの効力について調べている方

・タイムスタンプを付与する方法・発行の流れを調べている方

・タイムスタンプの具体的な有効期限を知りたい方 など

【公式】https://e-signing.jp/にアクセスしてPDFを無料ダウンロード


ジンジャーサイン
ジンジャーサイン編集部

電子契約サービスを提供するジンジャーサインの編集部です。基本的な契約業務から電子契約に関する最新情報まで幅広く情報を発信します。経営者や法務担当者はもちろん、ビジネスに関わる全ての方にとって業務に役立つコンテンツをお届けします。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30