ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

電子印鑑を無料で作成!無料のフリーソフトやその注意点も解説

印鑑押すジャストタイミング

脱ハンコやペーパーレス化が進んでいる今、電子印鑑を用いた電子文書のやり取りが主流になりつつあります。

電子印鑑には有料サービスもありますが、フリーソフトなどを活用すれば無料で作成することが可能です。

この記事では、電子印鑑の概要や、電子印鑑を無料で作成する方法、おすすめの無料電子印鑑ソフトをご紹介します。

PDFファイルに電子署名を付与する方法とは…?資料で解説!

▼「【基礎知識集】PDFファイルに電子署名を付与する方法」資料でお悩み解決!

・電子ファイルに電子署名を付与する方法
・電子署名をおこなう際の注意点
・受信文書の署名方法 など


電子契約においてPDFを中心とした電子ファイルに電子署名を付与する方法がわからずお困りの方は多いかと思います。そのような方に向けてPDFファイルに電子署名を付与する方法をする方法をまとめた資料をご用意いたしましたので、ぜひ無料でダウンロードしてご活用くださいませ。


【公式】【基礎知識集】PDFファイルに電子署名を付与する方法 PDFを無料ダウンロード

電子印鑑とは?(電子ハンコ)

緑のシートと机

電子印鑑とは、PDFなどの電子文書に押印する電子データ化された印鑑のことです。日付や時間などの識別情報をもつタイムスタンプを付与すれば、押印した電子文書に法的な効力を持たせることができます。

電子印鑑は、もとの印鑑をスキャナで読み込んで画像化するか、あるいは表計算ソフトや画像編集ソフトなどを活用してPC上で作成するのが一般的です。

電子印鑑のメリットとデメリット

メリットデメリット

この章では電子印鑑を利用することによるメリットやデメリットを解説していきます。

電子印鑑のメリットは業務効率化やコストの削減です。
まずこれまで行っていたような押印作業が電子上で可能になるので、そもそも印鑑や朱肉などを準備する必要がなくなります。また紙代や郵送代などの必要もなくなり、中長期的にみると大きくコスト削減につながります。

その一方少なからず電子印鑑を利用するデメリットもあります。電子印鑑を導入することで場合によってはコストがかかったり、またセキュリティ面でのリスクとなる場合があります。加えて電子印鑑を導入した後にそれが取引先に受け入れられるかの確認も行う必要があります。本格導入する前に社内でしっかり協議しておきましょう。

電子印鑑を無料で作成する方法

パソコンのキーボード

電子印鑑の作成は業者に依頼すると簡単ですが、コストを抑えたいのなら無料で作成する方法もあります。

電子印鑑を無料で作成する方法は大きく分けて「Wordを使う方法」「Excelを使う方法」「フリーソフトを使う方法」の3つがあります。

それぞれ特徴が異なりますので、自分に合った方法を選択しましょう。

Wordを使う方法

Wordを使って電子印鑑を作成する場合、「図形」機能を使用します。

まず、ツールバーの「挿入」にある「図形」から、印鑑に使用したい図形を選択します。印鑑に使用するのなら、丸や楕円、あるいは四角や長方形を選ぶのが基本です。

図形を選択したら、線の色・太さを選択します。線の色はツールバーの「ホーム」にある「フォント」から変更することが可能です。印鑑ですので、線の色は赤にするのが一般的ですが、線の太さは好みで調整してOKです。

ただ、あまり太くしすぎると文字やデザインが潰れてしまう可能性がありますので、全体のバランスも考慮しながら微調整しましょう。

線の色と太さを決めたら、ワードアート機能を使用して印影の文字を作成します。ツールバー「挿入」にある「ワードアート」を選ぶと、文字デザインの一覧が表示されるので、適切なデザインを選択します。

フォントの種類も変更できますが、あまりシンプルだと偽造が容易になってしまいますし、逆に複雑すぎると文字が潰れて読めなくなってしまう可能性があります。オリジナリティを入れつつ、誰から見ても範読しやすいフォント、デザインを採用するのがポイントです。

文字を作成したら、あらかじめ作成しておいた図形の中に文字を当てはめて位置を調整します。図形と文字を組み合わせたら、全体を図形の円で囲んだ上でコピーします。

最後に、ペイントを起動してコピーした図形を貼り付け、データとして保存すれば完成です。コピー&ペーストの段階では無駄な余白部分がありますので、ペイントの機能でトリミングしておきましょう。

Excelを使う方法

Excelを使った電子印鑑の方法は、基本的にWordと同じです。

ツールバー「挿入」の中にある「図」から、電子印鑑の形を選択し、続いて図形(印鑑)の色を選びます。印影の文字はツールバー「挿入」の「テキストボックス」を使って入力します。

フォントは既存のものを使用するか、WEBサイトから無料フォントをダウンロードしましょう。

できあがったテキストを図形にはめ込み、印影を丸ごと選択してグループ化すれば、デザインを固定できます。

あとは右クリックから「図として保存」を選択し、PNG形式で保存すればOKです。

印影を撮影・スキャンして作成する方法

手元にある印鑑の印影を撮影またはスキャンして取り込んだ画像をもとに電子印鑑を作成する方法です。

手順としては、まず白い用紙にはっきりと押印し、ベースとなる印影を作ります。印影が薄すぎたり、かすれたりするときれいな電子印鑑を作れなくなりますので、やや濃いめにくっきりと押印することを心がけましょう。

印影が乾いたら、スマホやデジカメ等で撮影するか、あるいは複合機でスキャンします。作成した画像データをパソコンに取り込み、Excelからデータを読み込みます。

ツールバーの「挿入」→「画像」→「画像をファイルから挿入」を選択すれば、画像データを読み込むことが可能です。ツールバー「図の書式設定」から「トリミング」を選択し、余白の部分をカットします。

印影を範囲選択し、ツールバー「図の書式設定」から「背景の削除」を選択し、背景の透過処理を行います。

最後に、印影を右クリックして「図として保存」すればOKです。

フリーソフトを使う

電子印鑑作成用のフリーソフトを使用する方法です。

ExcelやWordを応用する方法に比べると、もとから電子印鑑の作成に特化しているため、より簡単に、しかもきれいな電子印鑑を作ることができます。

有料ソフトを使用すれば、さらに凝った電子印鑑を作成することも可能ですが、シンプルな電子印鑑の作成ならフリーソフトでも十分でしょう。

電子印鑑作成用のフリーソフトにはさまざまな種類がありますので、自分に合ったソフトを選んで使用するのがポイントです。

電子印鑑の作成におすすめのフリーソフトは、次節でご紹介します。

電子印鑑を無料で作成するのにおすすめのフリーソフト3選

パソコンと虫眼鏡

電子印鑑を無料で作成できるソフトはいろいろありますが、コストを抑えたいのなら無料のフリーソフトを使用するのがおすすめです。

フリーソフトにもいくつか種類があり、それぞれ特徴や機能に違いがありますので、複数のソフトを比較してニーズに合ったものを選びましょう。

ここでは、電子印鑑を無料で作成できるおすすめのフリーソフトを3つご紹介します。

電子印影

簡単操作で電子印鑑を作成できるフリーソフトです。

印鑑の種類(丸印、角印)を選択→フォントを選択→文字入力の3ステップで電子印鑑を作れるので、初めて電子印鑑を作成する方でも手軽に利用できます。

電子印影で生成した電子印鑑はPNGデータとして保存できるため、WordやExcel、Googleスプレッドシート、PDF編集ソフトなどに画像として簡単に挿入・配置できます。

クリックスタンパー

スタンプ風のベクター画像を生成できるフリーソフトです。あらかじめ用意されているサンプルファイルをもとに、三文判やマル秘印、名前と日付が入ったネーム印などを簡単に作成することができます。

デザインはソフトとサンプルファイルをもとに作成しますが、解像度や縦横サイズの調整を行うことが可能です。

拡大・縮小しても画質が劣化しないメタファイルとして、PNGやJPEG、BMP、GIF形式で保存できるので、さまざまなシーンで活用することができます。

クリックスタンプ

WordやExcelなどの文書に日付印や三文判、代理印を押印できるフリーソフトです。

日付印と代理印は上中下段で3分割されたもので、それぞれ部署名や日付、名前を入力することができます。

部署名および名前は半角23文字まで対応しているため、部署名を略さずに電子印鑑を作成できます。

押印した印影は、サイズや押印する場所を変更することも可能なので、文書に合わせてバランスの良い押印を行えます。

 

このように電子印鑑を作成する方法を解説しましたが、電子印鑑は印面を電子データ化したものであるため本人性・確実性が担保されていません。そのためより本人性を担保するためには電子印鑑だけではなく、電子署名を添付する必要があります。電子署名があることで署名を押した印が本人のものであるということの証拠になります。当サイトではPDFファイルに電子署名を添付する方法をまとめた資料を無料で配布しております。電子署名を付与する方法はもちろん、電子署名を行う際の注意点などわかりやすくまとめております。興味のある方はこちらから資料を無料でダウンロードしてご覧ください。

有料ツールで作成するポイント

ツールを利用する人

有料ツールで電子印鑑を作成する際は実際に利用するツールによって変わりますが、主にセキュリティ面でフリーツールより高い傾向にあります。また電子帳簿保存法への対応やタイムスタンプ、またワークフロー機能など無料ツールにはあまりない機能もついていることがポイントです。

電子印鑑導入時の注意点

会議する2人の男性

電子印鑑を実際に利用するイメージがかなり湧いてきたかとおもいますが、ここからは電子印鑑を導入する際の注意点について解説していきます。
冒頭で電子印鑑のデメリットについて解説しましたが、電子印鑑を導入することでセキュリティやコストについて事前に考えておく必要があります。無料のツールはコストがかからない分、セキュリティのリスクが高くなり、有料ツールを導入すれば、セキュリティのリスクは軽減されますが、その一方コストがかかってきます。企業規模によっても異なりますが、ツールを選定する際の優先度付けを事前に社内ですりあわせておくことが重要です。

また、そもそも取引先が電子印鑑に対応しているのかを確認することも怠らないようにしましょう。

電子印鑑を無料で作成する方法はたくさんある

タブレットと小さめのハンコ

脱はんこやペーパーレス化に必要不可欠な電子印鑑は、ExcelやWord、デジカメ、スキャナー、フリーソフトなどを活用すれば、無料で作成することが可能です。

有料サービス、ソフトに比べると、さほど凝った印影を作ることはできませんが、サイズやバランスを調整すればきれいな電子印鑑を作成できます。

ただ、無料で作成できる印影は偽造も容易ですので、タイムスタンプを付与するなどしてセキュリティ面の強化に努めましょう。

PDFファイルに電子署名を付与する方法とは…?資料で解説!

▼「【基礎知識集】PDFファイルに電子署名を付与する方法」資料でお悩み解決!

・電子ファイルに電子署名を付与する方法
・電子署名をおこなう際の注意点
・受信文書の署名方法 など


電子契約においてPDFを中心とした電子ファイルに電子署名を付与する方法がわからずお困りの方は多いかと思います。そのような方に向けてPDFファイルに電子署名を付与する方法をする方法をまとめた資料をご用意いたしましたので、ぜひ無料でダウンロードしてご活用くださいませ。


【公式】【基礎知識集】PDFファイルに電子署名を付与する方法 PDFを無料ダウンロード


ジンジャーサイン
ジンジャーサイン編集部

電子契約サービスを提供するジンジャーサインの編集部です。基本的な契約業務から電子契約に関する最新情報まで幅広く情報を発信します。経営者や法務担当者はもちろん、ビジネスに関わる全ての方にとって業務に役立つコンテンツをお届けします。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30