ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

無料の電子契約書とは?無料の電子契約サービスやその選び方も紹介

ピンクの豚の貯金箱とパソコン

電子契約を安全に締結するには、契約書に電子署名やタイムスタンプを付与可能な電子契約サービスの導入が必要です。

しかし、電子契約サービスの導入には数十万円の初期費用や、月額1万円~5万円程度の基本料金がかかります。毎月の契約数が少ない場合や、電子契約の導入効果を試してみたい場合は、無料の電子契約サービスがおすすめです。

この記事では、電子契約書作成に使える無料の電子契約サービスの選び方や注意点を解説します。

▼電子契約の仕組み理解~導入までこれ一冊でOK!
「【2022年保存版】電子契約の始め方ガイドブック」を無料配布中!

「印紙税がかからないから」「取引先が利用しているから」などのきっかけから電子契約に興味をお持ちの方に向け、当サイトでは「電子契約の始め方ガイドブック」を無料配布しております。

ガイドブックでは、電子契約にした場合の業務の流れや電子契約の根拠となる法律と関連する法改正、電子契約のサービスを導入するまでに準備すべきことまでを網羅的に解説しております。

「まずは電子契約がどのようなものか知りたい」という方におすすめの資料ですので、電子契約の概要を知りたい方はこちらからダウンロードしてご活用ください。

【公式】https://e-signing.jp/にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

電子契約書とは?

電子契約書

そもそも電子契約書とは、従来紙で行われていた契約書のやりとりを電子データを利用してオンライン上で行う契約書のことです。電子契約書を利用することで、紙の契約書を利用する際にかかっていた郵送代や印紙代、印刷代などが必要なくなり、コスト削減に大きくつながります。電子契約書を利用する際はクラウド型の電子契約サービスを導入することが一般的で、無料で利用できるサービスもあります。
関連記事:電子契約とは?契約方法から電子契約のメリットや注意点などわかりやすく紹介

電子契約書の作成なら、無料の電子契約サービスを利用しよう

黒い電卓と青い鉛筆

電子契約書を作成する場合は、電子契約に必要な機能が揃った電子契約サービスを導入するのが便利です。

しかし、電子契約サービスの導入には初期費用や月額料金が必要です。電子契約サービスの導入時の費用の目安は次の通りです。

費用の目安
初期費用 5万円~25万円程度
月額料金 1万円~5万円程度

電子契約を本格的に導入する前に使用感を試したい場合や、毎月作成する契約書の件数が少ない場合は、電子契約サービスの導入コストが費用対効果に見合わない可能性があります。

その場合、まず無料の電子契約サービスを利用し、段階的に有料プランへの加入を検討するのがおすすめです。

関連記事:電子契約書の作成方法とは?メリット・デメリットまで網羅的に解説

電子契約書作成に使える無料の電子契約サービスの選び方とポイント

選び方のレクチャー

無料の電子契約サービスを導入するときは、「電子化したい契約書に対応しているか」をチェックすることが大切です。

たとえば、契約書の他に請求書や納品書、社内向けの誓約書や雇用契約書などを電子化したい場合は、対応したサービスを選びましょう。

また、すでに会計ソフトや人事労務ソフトなどを導入済みの場合は、外部連携(API連携)が可能かどうか確認することも大切です。

無料の電子契約サービスの選び方を解説します。

電子化したい契約書に対応しているか

まずは導入予定の電子契約サービスが電子化したい契約書に対応しているかどうかを確認しましょう。

たとえば、電子契約サービスで対応可能な契約書の例として、次のようなものがあります。

  • 発注書(発注請書/注文請書)
  • 保証契約書
  • 賃貸借契約書
  • 代理店契約書
  • 秘密保持契約書(NDA)
  • 業務委託契約書
  • 売買契約書
  • 請負契約書
  • 雇用契約書(労働条件通知書)

電子契約サービスによっては、こうした契約書のテンプレートが事前に用意されている場合があります。

契約書のテンプレートを活用すれば、契約書の作成にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。まずは電子契約システムが対応している契約書の種類をチェックしましょう。

導入しているシステムと外部連携が可能か

また、社内システムと外部連携(API連携)が可能な電子契約システムを導入すれば、業務プロセスをシームレスに連携することができます。

たとえば、電子契約サービスと外部連携が可能なシステムとして、次のようなものが挙げられます。

  • 基幹システム
  • 会計システム
  • ワークフローシステム
  • 帳票システム
  • 契約管理システム
  • 顧客管理システム(CRM)
  • 文書管理システム
  • 営業支援システム

電子契約サービスのサービス事業者のホームページ等を確認し、導入しているシステムと連携可能な製品かどうか確認しましょう。

電子契約書作成におすすめの無料の電子契約サービスとは?

笑顔な男性

無料の電子契約サービスには、「無料プランやトライアル期間が用意されているもの」「永年無料で利用できるもの」の2種類があります。

電子契約サービスの機能やセキュリティを比較し、自社に合ったサービスを選ぶことが大切です。

ここでは、無料で電子契約書を作成可能な「ジンジャーサイン」の電子契約システムを解説します。

ジンジャーサイン

「ジンジャーサイン」はjinjer社が提供する電子契約サービスです。

ジンジャーサインの特徴は、セキュリティに優れた「電子署名(長期署名)」と手続きが簡単な「電子サイン(タイムスタンプ)」「電子サイン(認証のみ)」の3種類の電子署名が利用可能な点です。

契約書の種類に合わせて3つの電子署名を使い分けることができます。

ジンジャーサインは2週間の無料トライアルを提供しており、期間内に3通までの契約書を無料で作成できます。

無料トライアルで使い勝手を確認し、すぐに「ライト」「ライトプラス」「ベーシック」の3つのプランに移行することが可能です。

プラン 初期費用 月額料金 送信料 アカウント数 送信制限
ライト 5万円 1万円 電子署名(長期署名):200円
電子サイン(タイムスタンプ):30円
電子サイン(認証のみ):無料
無制限 無制限
ライトプラス 10万円 2万8,000円 上記同様 上記同様 上記同様
ベーシック 25万円 5万円 上記同様 上記同様 上記同様

※価格は全て税抜きで表示しています。また2022年6月時点での内容になります。

無料の電子契約サービスで契約書を作成する際の注意点

注意点

無料の電子契約サービスなら、初期費用や月額料金なしで電子契約書を作成することが可能です。

しかし、無料の電子契約サービスで契約書を作成する場合、以下の2点に注意が必要です。

  • アカウント数や契約書の送信数に制限がある
  • 契約書の送信料が別途発生する可能性がある

ほとんどの無料電子契約サービスでは、アカウント数や契約書の送信数に制限が設けられています。

アカウント数や送信制限を超えた場合、その月はそれ以上電子契約書を作成することができません。

そのため、契約管理の担当者の人数が多い場合や、毎月の契約書の件数が多い場合は、無料の電子契約サービスはおすすめできません。

また、初期費用や月額基本料金は永年無料でも、契約書の送信料等が別途発生する電子契約サービスもあります。

電子契約サービスを導入する前にホームページ等で料金体系をよく確認しておくことが大切です。

無料の電子契約サービスは、電子契約を初めて導入する企業に向いたサービスです。

電子契約を試してみてから、より高機能な電子契約サービスが必要になった場合は、有料プランへの移行を検討しましょう。

電子契約書は無料の電子契約サービスでも作成可能!注意点も確認しよう

赤のびっくりボタンマーク

電子契約書は無料の電子契約サービスで作成することができます。

コストをかけずに電子契約を導入できるため、「電子契約の使い勝手を試してみたい」「無料のサービスからスタートして、段階的に有料プランへの加入を検討したい」企業におすすめです。

ただし、無料の電子契約サービスは使える機能に制限があります。

また、ほとんどの電子契約サービスにはアカウント数や契約書の送信数に制限があるため、本格的に電子契約を導入したい場合は有料プランへの加入が必要です。

無料の電子契約サービスのメリットやデメリットを知り、自社に合ったサービスを導入しましょう。

▼電子契約の仕組み理解~導入までこれ一冊でOK!
「【2022年保存版】電子契約の始め方ガイドブック」を無料配布中!

「印紙税がかからないから」「取引先が利用しているから」などのきっかけから電子契約に興味をお持ちの方に向け、当サイトでは「電子契約の始め方ガイドブック」を無料配布しております。

ガイドブックでは、電子契約にした場合の業務の流れや電子契約の根拠となる法律と関連する法改正、電子契約のサービスを導入するまでに準備すべきことまでを網羅的に解説しております。

「まずは電子契約がどのようなものか知りたい」という方におすすめの資料ですので、電子契約の概要を知りたい方はこちらからダウンロードしてご活用ください。

【公式】https://e-signing.jp/にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

ジンジャーサイン
ジンジャーサイン編集部

電子契約サービスを提供するジンジャーサインの編集部です。基本的な契約業務から電子契約に関する最新情報まで幅広く情報を発信します。経営者や法務担当者はもちろん、ビジネスに関わる全ての方にとって業務に役立つコンテンツをお届けします。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30