ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

デジタル改革関連法の成立によって普及が進む電子契約について解説

電子機器

近年電子契約が普及している背景の一つとして、デジタル改革関連法の成立があります。デジタル改革関連法とはどのような法律で、どうして電子契約の普及に影響を及ぼしているのでしょうか。

この記事ではデジタル改革関連法の概要や、電子契約普及との関連性、電子契約サービスの導入方法を解説します。電子契約サービスを導入すればコストカットや作業効率アップにつながりますので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「この書類は電子化できる?できない?」 【弁護士監修】でデジタル改革関連法を徹底解説!
2021年9月に施行されたデジタル改革関連法で、様々な書類の電子化が解禁されました。 とはいえ、「どの書類を電子化できるの?」「実際に契約を電子化した際の業務の流れは?」と、法改正や電子契約についてイメージがついていない方も多いでしょう。そのような方に向け、当サイトではデジタル改革関連法について弁護士が監修した解説資料を無料で配布しております。   新たに電子契約できるようになった書類について法的根拠をもとに解説しているほか、電子契約を用いた実際の業務フローや電子署名の導入手順までを網羅的に解説しており、これ一冊で電子契約について理解できるため、書類の電子化に興味があるという方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。
デジタル改革関連法

デジタル改革関連法とは

デバイスでつながる様子

デジタル改革関連法は、2021年5月12日に成立・同年9月に施行され、デジタル社会の実現を可能にするための6つの法律で構成されています。現代はデジタル化が必須の時代です。日本はデジタル化に遅れをとっており、新型コロナウイルス関連の申請手続きなどの対応がスムーズに行かなかったことから、その問題がさらに浮き彫りになりました。

デジタル改革関連法には以下の6法があります。

・デジタル社会形成基本法
・デジタル庁設置法
・デジタル社会の形成を図るための関連法律の整備に関する法律
・公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための預貯金口座の登録に関する法律
・預貯金者の意思に基づく個人番号の利用による預貯金口座の管理に関する法律
・地方公共団体情報システムの標準化に関する法律

それぞれどのような法律なのか、簡単に解説しますので概要を理解しておきましょう。

1-1. デジタル社会形成基本法

デジタル社会を形成する意義や、持続的で健全な日本経済の発展や、国民生活の幸福実現のためのデジタル社会の基本方針などを説明する法律です。基本理念として10原則を掲げ、デジタル社会形成にどのような環境整備が必要かなどを定めています。行政だけでなく民間企業に影響する項目も非常に多く、デジタル改革の基本となる法律です。

1-2. デジタル庁設置法

デジタル社会実現のために、デジタル庁が新設されました。デジタル庁設置法は、名前の通り、デジタル庁を設置するための法律で、組織の形態に関しても定める法律です。デジタル庁は、デジタル改革を行う上での司令塔として、内閣総理大臣がトップに立ち、国や自治体の情報システム導入・管理の権限を持っています。

1-3. デジタル社会の形成を図るための関連法律の整備に関する法律

デジタル社会形成整備法と省略されることもあるこの法律は、個人情報保護法の改正や、自治体ごとに差があったルールを一元化すること、マイナンバーカードに関する内容などを定める法律です。マイナンバーカードを活用することで、手続きの簡略化などを行うことも想定されています。住民票の写しや戸籍謄本をマイナンバーカードと連携させることで、将来的にさまざまな申請で住民票の写しや戸籍謄本の提出が不要になるというような計画も行われているようです。

また、メディアでも脱ハンコが話題となりましたが、行政手続きでの脱ハンコ化を図ることもこの法律で制定されています。書面交付が必要だった書類や手続きの電子交付を可能にすることもこの法律で定められたものです。

1-4. 公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための預貯金口座の登録に関する法律

公金受取口口座登録法と省略されるこの法律は、公的給付金の支給を行う際に、手続きを簡略化し、できるだけ早い給付を目指すために制定された法律です。マイナンバーカードと銀行口座をオンラインで申請することで、今後行われる公的給付金がスムーズに行えることを目的としています。

1-5. 預貯金者の意思に基づく個人番号の利用による預貯金口座の管理に関する法律

預貯金口座管理法と省略される法律で、預貯金者の意思で預貯金口座の管理を希望した場合に、金融機関が口座の管理ができることを定めています。従来はマイナンバーカードと預貯金口座を連携させる際、金融機関ごとに申請を行わなければなりませんでした。

この法律によって、一つの金融機関でマイナンバーカードを使っての管理申請を行うと、その情報が預貯金保険機構に送られて、他の預貯金講座は申請なしでマイナンバーでの管理が可能となります。

1-6. 地方公共団体情報システムの標準化に関する法律

自治体システム標準化法と省略される法律で、この法律によって自治体ごとにばらつきがあった情報システムのルールを統一します。住民基本台帳や児童手当、生活保護などさまざまな行政サービスのルールの一元化を目指す法律です。

また当サイトでは、デジタル改革関連法による変更点や各業界へ与える影響などをまとめて解説した資料を無料で配布しております。

 

デジタル改革関連法について、具体的にどのような影響があるのかを把握したいご担当者様は、こちらから「【弁護士監修】デジタル改革関連法マニュアル」をダウンロードしてご確認ください。

デジタル改革関連法の成立と電子契約

電子上で署名する

デジタル改革関連法の一つである「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」のなかで、「押印・書面の交付等を求める手続きの見直し」に関する内容が記されています。この「押印・書面の交付等を求める手続きの見直し」では、これまで書面での交付が義務化されていた契約書類に関しても、電子契約が認められることとなりました。

また、電子契約は電子取引の一環とされるため、電子取引要件に則っての保管が必要となります。電子取引要件は、書類の備え付けや、見読化膿装置の備え付け、可視性の確保、真実性の確保、税法に則った上での最低7年のデータ保存が求められます。

電子契約サービスの導入方法

タブレットに署名する

デジタル改革関連法で、これまで電子化できなかった書類の電子化が可能となったこともあり、電子契約サービスを導入する企業は増えてきました。これから電子契約サービスの導入を検討している方のために、導入方法を解説します。

3-1. 契約書の管理体制の可視化

最適な電子契約サービスを導入するために、まず現在の契約書の管理体制を把握しましょう。具体的には扱っている契約書の種類、契約締結までのフロー、業務フロー、管理方法などです。その他の書類に関しても管理体制を可視化しておくと、一括して電子化が進められます。

3-2. 電子契約の適用範囲の決定

全ての契約書を電子契約にしても構いませんが、一部だけを電子契約に切り替える企業も多いです。電子契約を導入する際は取引先の同意も必要ですから、まずは社内向けのものから電子契約に切り替えるケースもあります。

3-3. 電子契約サービスの決定

電子契約サービスにはさまざまなものがあります。システムごとに機能も特徴も異なりますから、比較して自社に最適なサービスを選びましょう。

3-4. 電子契約のマニュアル・ルールの作成

電子契約を行う上での社内マニュアルやルールを作成します。スムーズな導入を行うためには、業務を日常的に行う担当者だけでなく、全社員が電子契約を理解できるマニュアル・ルール作りが必要です。

3-5. 電子契約導入の周知徹底

マニュアルやルールができたら、説明会を行うなどして社内での周知徹底を行いましょう。また社外の取引先に対しても、導入することの説明を行い、理解を得る必要があります。

電子契約サービスを導入して契約業務をスムーズに

デジタル資料

デジタル改革関連法の成立・施行により、これまでは書面での交付が必須だった契約書も電子契約が可能になりました。電子契約を導入すれば、契約業務の手間が省ける他、コスト削減や管理業務の簡略化ができるなど、メリットも多いです。

今後どんどんデジタル化していく社会に対応するためにも、電子契約サービスの導入を検討してみましょう。

「この書類は電子化できる?できない?」 【弁護士監修】でデジタル改革関連法を徹底解説!
2021年9月に施行されたデジタル改革関連法で、様々な書類の電子化が解禁されました。 とはいえ、「どの書類を電子化できるの?」「実際に契約を電子化した際の業務の流れは?」と、法改正や電子契約についてイメージがついていない方も多いでしょう。そのような方に向け、当サイトではデジタル改革関連法について弁護士が監修した解説資料を無料で配布しております。   新たに電子契約できるようになった書類について法的根拠をもとに解説しているほか、電子契約を用いた実際の業務フローや電子署名の導入手順までを網羅的に解説しており、これ一冊で電子契約について理解できるため、書類の電子化に興味があるという方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。
デジタル改革関連法

ジンジャーサイン
ジンジャーサイン編集部

電子契約サービスを提供するジンジャーサインの編集部です。基本的な契約業務から電子契約に関する最新情報まで幅広く情報を発信します。経営者や法務担当者はもちろん、ビジネスに関わる全ての方にとって業務に役立つコンテンツをお届けします。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30