ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

契約書に割印を押すときの正しい方法を徹底解説

印鑑
契約書のような大事な書類を作成する場合、通常の押印に加え割印を求められるケースが少なくありません。
なんとなく求められるままに押してしまっているかもしれない割印ですが、意味についてしっかり理解しているでしょうか。
また、割印をきれいに押すコツについても知っておくことが重要です。
当記事では、割印の意味や押すときの正しい方法について解説します。

1. 契約書の割印とは?

 

契約書に印を押す

契約書の割印とは、複数の文書にまたがって印影が残るように印章を押す方法のことです。
このような形で印章が押されている文書には、それぞれ印影が割れているような状態で残るため、「割印」と呼ばれます。

1-1. 割印の目的

割印は、文書の改ざんや不正なコピーを防ぐ目的で行われます。
さらに割印をすることで、複数の文書の内容が同じであることや関連した文書であることを証明できるのです。
たとえば、何かの契約書を作成する場合、契約の当事者の人数分用意するのが一般的です。
もし一通だけ契約書を作成すると、保管している当事者が自由に内容を改ざんできてしまいます。
そのため、2部以上の契約書の内容が同じであることを証明するために割印を押し、すべての当事者が一部ずつ契約書を保管するのです。
これですべての当事者が契約書の内容が改ざんされないと確信を持てます。
もし、契約書に割印がなかったとしても、法的な効力は失われません。
ただ割印を押すことで、改ざんされていないことが確認でき安心して契約内容を守れるのです。

1-2. 割印とその他の押印の違い

契約書で割印は重要な役割を果たしますが、その他にも似たような押印の方法があります。
それぞれの役割の違いを知っておくと、契約の際に役立つでしょう。
たとえば、割印と似た種類の押印に契印があります。
契印は1つの契約書が複数ページになった時に、ページの連続性を示すために押される印章です。
割印は2通以上の契約書がそれぞれ改ざんされていないことを証明しますが、契印は1つの契約書のそれぞれのページが連続しており抜き取りや差し替えが行われていないことを証明します。
消印は、契約書と収入印紙にまたがって押される印章のことです。
収入印紙の再利用を防ぐために用いられます。
訂正印や捨印は、契約書に軽微な誤りがあった場合に訂正・修正のために押す印章です。
とくに捨印は、あらかじめ契約書の余白部分に押印しておき、訂正印として利用しておくことができます。

1-3. 割印に関する規定

割印に関する規定はとくにありません。
契約書の署名で使った印章と同じものを使わなければならないという決まりもありません。
加えて、サイズに関する決まりもないので、任意の印鑑を用いることができます。
一方、契約書の関連性を証明する契印は、契約書への署名の際に用いた印鑑を用いなければならないという違いがあります。
自分が押すのが割印なのか契印なのかをしっかり理解して、書類に不備がないようにしましょう。

2. 契約書に割印を押すときの正しい方法

指をさす男性

契約書に割印を押す際には、正しい方法について知っておかなければなりません。
割印が正しく押せなければ、契約書を作りなおさなければならないことも考えられます。
契約書や領収書によって押し方が変わるため、注意が必要です。

2-1. 契約書と控えに押す割印

契約書を作成すると、控えを作ることが少なくありません。
契約書とその控えに関連性があることを証明するためには、割印が必要となります。
契約書と控えを重ねた状態で、2つの書類を少し縦方向・横方向にずらします。
もし法人名義で契約している場合には、社名の入った印鑑が必要です。
ただし、署名したときの印鑑を割印でも用いなければならないというルールはないので、個人の実印を使って契約し、割印は認印ということも可能です。
契約の当事者が3人以上いるのであれば、全員分の割印を押さなければならないので注意しましょう。

2-2. 通以上の契約書に押す割印

契約の当事者が3人以上いる場合、契約書も3通作らなければなりません。
当然、3通すべてに割印が必要となります。
3通以上の契約書に割印を押す方法は2つあるので、覚えておくとよいでしょう。
1つ目の方法は、原本と1通目の写しの間、1通目の写しと2通目の写しの間の2ヶ所に割印を押すものです。
とくに認印は円形をしているので長さが足りず、2回に分けて割印を押さなければなりません。
2つ目の方法は、3枚の契約書に一度に割印するものです。
とくに、割印専用の縦長の印鑑を使うと、一度に割印が押せます。

2-3. 領収書に押す割印

割印を押す書類は契約書だけではありません。
会社が発行する領収書にも割印が押されることがあります。
領収書を発行した店舗や会社がどこかはっきりわかるように割印が必要になるのです。
領収書の場合、その控えとの関連性を示すために切り取られる部分に割印を押します。
つまり、切り離された領収書に印影の半分、控えにもう半分が残る形です。

3.  契約書の割印をきれいに押すコツ

印を押す

割印は、通常の押印と異なり、押す面に段差ができることできれいな印影にならないことがあります。
かすれてしまったり、印影の一部しか見えなかったりすると、契約書の有効性に疑問が生じることになりかねません。
では、契約書の割印をきれいに押すコツについて見ていきましょう。

3-1. 割印を押す面の高さを揃える

契約書の割印がかすれてしまったり、きれいな印影にならなかったりする原因の一つは、割印を押す面の高さが揃っていないことです。
割印を押す場所の下には印鑑マットを敷いて、面を揃えます。
しっかり印影を残そうとして強く印鑑を押すと位置がずれてしまったり、印影がこすれてしまったりして失敗します。
印鑑マットを使えば、契約書や控えを固定した状態で下の書類までしっかりと印影を残せます。

3-2. 朱肉を均一につける

印鑑に朱肉を均一につけることも、割印をきれいに押すコツの一つです。
朱肉が均一についていないと、印影が欠けてしまうことがあります。
朱肉を均一につけるためには、印鑑を回しながら、印鑑の重さを利用することが重要です。
印鑑を朱肉に押し付けると、朱肉が印章に詰まってしまいきれいな印影になりません。
印鑑の重さを利用して朱肉をつけるよう心がけましょう。

3-3. ページを開いて割印を押す

1ページだけの契約書であれば問題ないですが、複数ページになっている契約書の場合、ページを開いて割印を押すことできれいな印影になります。
契約書が分厚くなってしまうと、印鑑マットを使っても下の書類に印影が映らないことがあります。
そうならないために、契約書の1枚目だけを開いて重ね合わせ、印鑑マットを使って割印を押します。
これできれいに印影が残るはずです。

4. 割印はルールを守って正確に押すべき

正確

契約書の割印は、すべての契約書が同じ内容で書かれたものであること、不正なコピーや改ざんがされていないことを証明する重要な印影です。
契約の当事者が2人である場合と、3人以上になる場合とで割印の押し方もやや異なる点に注意しましょう。
きれいに割印が押せるコツを覚えておけば、失敗せずに済みます。
割印を押して、体裁の整った契約書を作成できるようにしておきたいものです。


ジンジャーサイン
ジンジャーサイン編集部

電子契約サービスを提供するジンジャーサインの編集部です。基本的な契約業務から電子契約に関する最新情報まで幅広く情報を発信します。経営者や法務担当者はもちろん、ビジネスに関わる全ての方にとって業務に役立つコンテンツをお届けします。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30