ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

災害に強い会社を作る!BCP対策の重要性や策定の流れ、クラウド活用について紹介

重要性や策定の流れ自然災害や感染症の拡大、サイバーテロなど、さまざまな出来事が世界中で起きています。
これらの緊急事態にまったく関わらずに企業を経営できる保証はどこにもありません。
万が一の際に迅速に対応するために日頃から意識しておくべきと注目されているのがBCP対策です。
BCP対策の概要や重要性、実際にBCP対策を導入する流れを紹介します。
BCP対策はクラウド活用が最適ですが、その理由も確認しておきましょう。

1. BCP対策とは

BCP対策

BCPはBusiness Continuity Planの略です。意訳すると、ビジネスを継続していくための計画という意味です。
日本は自然災害が多い国ですが、それだけでなく火災、感染症の拡大、テロ攻撃、サイバー攻撃なども充分起こりえます。
これらの緊急事態に企業の対応や判断が遅れるとどんどん経営に悪影響を及ぼします。
事業を縮小することになったり、最悪の場合は倒産に追い込まれたりします。
被害を最小限に留めて早期復旧を目指すには、平常時に対策をしておくことが重要です。
これをBCPと呼びます。

1-1. BCP対策と防災対策の違い

防災対策を取り入れている企業は多いです。
ですが、防災対策をしているからBCP対策はしなくてもいいというわけではありません。
上記で解説した通り、BCP対策は企業の早期復旧を目指すための対策です。
一方で、防災対策は地震や台風、水害、火災など、自然災害から従業員の命や企業の設備を守るための対策です。
BCP対策だけが重要、防災対策だけが重要なのではなく、双方を日頃からきちんと取り入れておくことが大切です。

2. 災害時におけるBCP対策の重要性

BCP対策

実際に災害に巻き込まれた際、BCP対策がどんな役割を発揮するのかを紹介します。
緊急時だけでなくその後の経営にもつながる重要な役割を担っています。

2-1. 緊急時に迅速に対応できる

BCP対策をしている企業は、緊急時に迅速に対応できます。
例えば感染症拡大によって売り上げが大幅に激減したとしても、テイクアウトのサービスや別の事業の強化、店舗の早期撤退などを冷静に判断できます。
緊急時の迅速な対応はその後の事業の早期復旧にもつながり、競合他社よりも早く経営を立て直せるというメリットがあります。

2-2. 企業の損失を最小限に抑えられる

災害時に企業の判断が遅れると、その時だけでなく後々にも損失が大きくなってしまいます。
避けられないトラブルによって売り上げが激減しているのにいつまでも店舗を撤退しなければ、コストばかりがかかり売り上げアップを期待できません。
その他、取引先とのやり取りが遅れたり消費者から望まれるような対応ができなかったりします。
BCP対策で被害のシミュレーションをしておけば、それに対する対策も事前に立てられ、損失を最小限に抑えられます。

2-3. 取引先や消費者からの信頼を得られる

災害時に迅速な対応をし、取引先や消費者の期待に応えられれば、大きな信頼を得られます。
災害時に大変なのはどこも同じですが、BCP対策を日頃から導入していれば緊急時にも商品を確保したりサービスを提供したりするルートを用意できます。
「あの時迅速に対応してくれた」という信頼が次の仕事にもつながり、緊急自体以降の業務拡大を期待することも可能です。

3. BCP対策策定の流れ

策定の流れ

BCP対策を策定する実際の流れを簡単に解説します。

3-1. 業務内容を洗い出す

まずは業務内容を洗い出します。
業務の種類別にカテゴリー分けし、現状不要な業務がないかも確認しておきましょう。

3-2. 業務の優先順位を定める

業務の中から緊急時でも続ける必要性が高いものの優先順位をつけていきます。
緊急時、他の業務にまで手が回らなくても、最優先すべき業務さえ進められれば損失を抑えられます。
また、優先すべき業務はその企業にとって重要な業務であるといえます。
その業務にスポットを当てることで、今後の企業の経営方針を決めやすくもなります。

3-3. 損失を分析する

さまざまな被害を想定し、その損失を分析してください。
被害は一つだけとは限りません。自然災害だけでも、地震、台風、火災、落雷などさまざまな可能性があります。
他にも感染症、サイバー攻撃、テロなど考え得る被害とその損失を全てリストアップし、最悪でどれくらいの影響があるか、現実的な数字をシミュレーションしてください。
被害は売り上げだけでなく、設備、人材、資材などにも影響があります。

3-4. それぞれの計画を立てる

起こりうるトラブルとその被害に備えて何ができるかを考えていきます。
計画は段階ごとに、緊急時に最優先すべき業務、実際に通常業務を再開する、損失を回復する、全面の復旧について、それぞれ考えていきましょう。
策定した計画は被害の種類ごとにマニュアルを作成します。
作成したマニュアルに問題がないか定期的に確認し、更新すべき点は随時更新していきましょう。

3-5. 従業員へ周知させる

BCP対策のマニュアルが完成したら担当者や責任者だけが管理するのではなく、社員全員に周知させましょう。
実際に緊急時を想定した訓練を行うのも効果的です。
時間がない場合は最低限マニュアルに目を通してもらうようにしてください。
マニュアルは紙でプリントすると紛失してしまう、実際の災害時確認できない場所に保管してしまう可能性もあるので、クラウドなどで管理するのがおすすめです。

4. 災害時のBCP対策にクラウド活用が最適な理由

クラウド活用が最適

BCP対策にはクラウドを活用することがおすすめです。
BCP対策とクラウドの相性がよく、最適とされる理由を紹介します。

4-1. データを遠隔保管できる

自然災害やサイバー攻撃によって企業の情報、データが消失してしまう、漏洩してしまうことを防がなければなりません。
社内サーバーにデータを保存している場合、サーバーごとダメージを受ける可能性もあります。
一方でクラウドサービスのサーバーは災害の影響を受けにくい場所に強固な設備があるため安全に情報を隔離しやすいです。

4-2. バックアップを取っておける

クラウドはネット上で自動的にバックアップを取れます。
緊急時にデータを保存していなかった、データを紛失してしまったという失敗を避けられます。
バックアップに時間を取られたり手間がかかったりする心配もなく、日常的にスムーズに作業を行えます。

4-3. リモートワークにも対応

クラウドなら離れた場所からも情報をチェックできます。
災害の影響で会社に行く交通手段がない、会社の設備が復旧しないという場合でも作業を進められます。
リモートワークは今後さまざまな災害が起きても業務を続けやすくできる働き方ですので、平時から積極的にリモートワークに移行できる環境を整えておきましょう。

5. BCP対策にクラウドを活用してもっと便利に

クラウド 活用

BCP対策は、非常時の企業の損失を最小限に抑え、かつ早期に復旧するために必要な対策です。
自然災害だけでなく感染症の拡大やサイバーテロなどは身近な存在で、企業にとっては大きなリスクです。
緊急事態にも冷静に対応できるよう、社内でBCP対策を進めましょう。
BCP対策は安心してデータを保存でき、リモートでも閲覧しやすいクラウドでの活用がおすすめです。
社内で話し合い、どのようにBCP対策を進めていくかを決定しましょう。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30