ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

BCP対策にはクラウドがおすすめ?メリットや注意点について詳しく解説

クラウド 注意点緊急事態に迅速な対応ができる企業は被害を最小限に留められ、早期に事業を復旧できます。
損失を抑えてより利益を出せるよう、日頃から考えておきたいのがBCP対策です。
BCP対策を策定したあとの管理にはクラウドの活用がおすすめです。
クラウド活用のメリットやクラウドサービスの選び方などをチェックしていきましょう。

1. BCP対策とは

対策 計画

BCPはBusiness Continuity Planの頭文字を取った略称で、事業継続計画と訳されます。
自然災害や感染症の拡大、テロ、サーバーダウンなど、企業の経営に悪影響を及ぼすトラブルはたくさんあります。
それらに備えて緊急時の対応、事業を継続する方法を考えておくことをBCP対策といいます。
BCP対策ができていないと緊急時にスピーディーな対応ができず、取引先や消費者からの信頼を失ったり、ビジネス機会を失ったり、事業の縮小、企業の倒産につながる可能性もあります。
起こりうるさまざまなリスクに備えて平時に準備を整えておくことは、企業の存続のためには欠かせません。
BCP対策は防災対策と混同されることも多いですが、BCP対策は企業の損失を抑え早期復旧を目的としているのに対して防災対策は自然災害から従業員の安全や設備の安全を守るのが目的という点で違っています。

2. BCP対策にクラウドを活用するメリット

データ 整理

BCP対策はただマニュアルを作成すればいいだけでなく、その後も運用を続けなければなりません。
従業員全員に確認してもらう、変更点がある場合は即座に修正するなど、BCP対策を運用していくにあたって役立つのがクラウドサービスです。
クラウドサービスをBCP対策に活用するメリットを紹介します。

2-1. データを消失しにくくなる

クラウドサービスのサーバーは地震や停電、火災などに強い構造のデータセンターに置かれています。
そのためデータを消失するリスクを低減できます。
自社のサーバーでBCP対策を運用している場合、自社サーバーがダウンしたり接続できない状況になるとBCP対策のマニュアル自体を確認できなくなってしまいます。

2-2. リモートワークに適している

クラウドサービスはインターネットに接続さえできればどんな場所からでも情報を確認できます。
地震や洪水などの影響で会社が崩壊、停電してしまった、交通手段が絶たれ会社に行けなくなったという場合でも自宅からBCP対策のマニュアルを見ながら作業ができます。
緊急時に備えてリモートワークの設備、ルールなども決定しておきましょう。

2-3. コスト削減に役立つ

自社サーバーの運用には費用や設置場所など用意しなければならないものがたくさんあります。
万が一の際、自社サーバーが影響を受けないとも断言できません。
クラウドサービスは自社サーバーよりも安価で活用できるものが多いです。
クラウドサービスはBCP対策の運用だけでなく、その他のデータや書類の管理にも役立ちます。
まとめてクラウドサービスに移行すれば、平時のコスト削減にも繋がります。

3. クラウドでBCP対策する際の注意点

クラウド 注意点

BCP対策にクラウドを活用する際の注意点を紹介します。

3-1. バックアップ容量と費用を確認

クラウドサービスを契約すれば、BCP対策のマニュアルだけでなく会社のさまざまな書類、データの保管も簡単にできます。
ですがクラウドサービスの利用料金はデータの容量によって変動します。
保管するデータが多ければ多いほど多くの容量が必要になり、費用も高額になっていきます。
クラウドにバックアップを取るデータが多すぎる場合はデータを整理し、本当にクラウドにアップする必要があるデータだけを残しましょう。
クラウドサービスの利用にあてるコストの上限を決めておくことも大切です。
また、費用が安いクラウドサービスはセキュリティやデータセンターに問題がある可能性もあります。
よく確認して、信頼できるクラウドサービスを選ぶようにしてください。

3-2. 複数のバックアップが必要

クラウドサービスにBCP対策のマニュアルをアップすれば安心というわけではありません。
緊急時、そのクラウドサービスのデータセンター自体がダウンしてしまう可能性もあります。
BCP対策のマニュアルはクラウドだけでなく別の場所にもバックアップを取っておくようにしましょう。
バックアップは最低でも二つ以上取っておくことがおすすめです。さまざまな状況を想定して、リスクを最小限に抑えられる工夫を考えましょう。

3-3. ネット接続がないときの対応も考えておく

クラウドサービスは、インターネットさえあればどこからでも閲覧可能という点が最大のメリットです。
会社に出社できない、会社自体が機能しない場合でも、インターネットに接続できる環境ならば業務に対応できます。
一方で、非常事態にインターネットを必ず利用できるとは限りません。
サイバー攻撃、停電、パソコンやスマホの故障、紛失など、考えられる可能性はたくさんあります。
クラウドサービスだけに依存せず、マニュアルをプリントしたものを配布しておくなどインターネットに接続できない場合の対応も考えておきましょう。

4. BCP対策に最適なクラウドサービスの選び方

クラウド 選び方

クラウドサービスはさまざまな種類があります。
BCP対策に最適なクラウドサービスの特徴を紹介するので、サービスを選ぶ際の参考にしてください。

4-1.複数のデータセンターがある

そのクラウドサービスが複数のデータセンターを持っているかを確認しましょう。
データセンターが一つしかない場合、そのデータセンターがある施設にトラブルがあると機能しなくなってしまう可能性があります。
強固な設備とはいえ、自然災害やトラブルから100%逃れられるわけではないことを理解しておきましょう。

4-2. データを分散して保管している

クラウドサービスでは、データを分散して保管してくれるものもあります。
複数のデータセンターに分散してデータを保管していれば、一つのデータセンターに障害が発生しても別のデータセンターでデータを確認できます。
上記で解説した通り、クラウドサービス以外でもデータを確認できる手段を用意しておくことも大切です。

4-3. セキュリティが強固である

BCP対策のマニュアルには、事業内容など重要な情報がたくさん記載されています。
万が一ハッキングなどで盗み見られた場合にどんな影響が及ぶかわかりません。内容を書き換えられる、データを消去されるなどの危険もあります。
クラウドサービスを選ぶ際はセキュリティについても確認してください。
サイバー攻撃、情報漏洩などに対してどんな対策をしているかなどを確認し、安心してデータを預けられるサービスを利用してください。

5. BCP対策にクラウドサービスを活用しよう

クラウド 活用

緊急時に企業が迅速に機能するための対策をBCP対策といいます。
BCP対策はその運用方法も考えておかなければなりません。
クラウドを活用してBCP対策の情報をアップロードしておけば、緊急時にも従業員がすぐBCP対策のマニュアルを確認できます。
データの消失も防げてコストカットにも役立つなど、クラウド活用にはメリットが多いです。
実際にBCP対策の運用にクラウドサービスを導入する場合は、リスクを分散できて安全にデータをアップロードできるサービスを選びましょう。

 

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30