ジンジャーサイン|電子契約サービス
03-5908-8415(平日9:30-18:30)

中小企業にBCP対策が必要な理由とは?メリットや策定方法についても紹介

対策 話し合いBCP対策とは、自然災害などの緊急事態が発生した際に企業が迅速に動くための対策のことです。
企業を経営する中では自然災害や感染症の拡大、サイバー攻撃などさまざまなリスクがつきまといます。
とくに影響を受けやすい中小企業にとって、日頃からBCP対策を万全にしておくことは非常に大切です。
中小企業がBCP対策を取り入れるメリット、中小企業がBCP対策を取り入れる際の注意点などについて解説します。

1. 中小企業にBCP対策が必要な理由

攻略 対策

BCP対策を取り入れている大企業は多いですが、中小企業にもBCP対策は欠かせません。
どうして中小企業にBCP対策が必要なのか、その理由を解説します。

1-1. 事業を継続しやすい

BCP対策をしておけば万が一の際にも冷静に対応でき、スムーズに復旧作業を進められます。
中小企業は少ない事業で利益を得ているケースが多いですが、有事に備えて対応を考えておけばうまく立ち回れるでしょう。
データのバックアップを取っておく、書類を電子化してクラウドにアップロードしておく、複数の仕入れ方法を確保しておく、工場をストップさせない電力の確保方法を抑えておくなどの方法があります。
また、緊急時のためのBCP対策が経営に役立つ可能性もあります。
いきなり大口の取引先からの契約を打ち切られたとしても、BCP対策に則って別の方法で利益を出せるかもしれません。
事業継続が難しい中小企業でも、BCP対策をしておくことで事業を継続し、より大きくしていけるでしょう。

1-2. 社会的信頼性が向上する

BCP対策を導入していること自体が社会的信頼性の向上につながります。
万が一の際にもBCP対策をしている企業になら信頼して仕事を依頼できると思ってもらえます。
有事の際もBCP対策をしている企業に素早く対応してもらえれば、自分たちの被害、損失も最小限に抑えられます。
平時の取り引きにもつながりやすくなるため、BCP対策を導入しているのであれば積極的にアピールしましょう。

1-3. ビジネス機会の損失を防ぐ

BCP対策の策定フローでは、緊急事態に優先すべき業務をリストアップしなければなりません。
あらかじめ優先順位をきちんと理解していれば、緊急時でも被害や損失を最小限にできます。
BCP対策をしていないと判断を誤ったり判断が遅れたりして、ビジネス機会を失ってしまうかもしれません。それが仇となって復旧作業が進められず、事業の縮小、企業の倒産に追い込まれる可能性もあります。

2. 中小企業がBCP対策するメリット

BCP対策するメリット

中小企業がBCP対策をすることで得られるメリットを紹介します。

2-1. 災害に強い企業になる

日本は台風や地震など自然災害が非常に多い国です。
日本で企業を経営していく限り、自然災害による被害は避けては通れません。
事前にBCP対策でサーバーがダウンしたとき、交通手段がなくなったときなどの対応を考えておくことで、災害に強い企業を目指せます。
災害時にも平時に近い対応ができれば、利益の減少を最小限にできるでしょう。

2-2. 取引先からの信頼が高まる

BCP対策をしている企業であれば、トラブルが起きた際でも迅速に対応できます。
他の企業ができなかったことを行えば、取引先からも感謝され、信頼度もアップします。
次にまたトラブルが発生した際にもスムーズにやり取りができる企業を選ぼうと思ってもらえるでしょう。
取引先や消費者が望むサービス、商品を平時に近い形で提供できるようにBCP対策でできることを考えてみてください。

2-3. BCP融資が受けられる

BCP融資とは、日本政策金融公庫が設定した融資制度の一つです。
災害時の事業継続のための計画を立てている中小企業に対して、BCP対策に必要な資金の融資をしてくれます。
サーバーの整備や施設の耐震化などにはコストがかかります。BCP対策をしたいけど余裕がないという中小企業は多いです。
万が一に備えてBCP対策を導入したいけど余裕がない中小企業はBCP融資の申請も検討しましょう。

3. 中小企業向けBCP対策の策定フロー

策定フロー

中小企業がBCP対策を策定する際のフローを紹介します。

3-1. リスクをリストアップする

まずはどんなリスクがあるかをリストアップします。
自然災害、サイバーテロ、事故、感染症の拡大など、考え得る限りのリスクを出してください。
それらが企業にどんな影響を与えるのかを想定することでBCP対策を行いやすくなります。

3-2. BCPの方針を決める

どの方針に向かってBCP対策を進めるのかを決めてください。
利益を優先するのか、事業の継続を優先するのか、機会損失を防ぐことを優先するのかなど、方針を統一することでBCP対策を考えやすくなります。
飲食、製造、販売など、何をメインにしている企業かによって方針は変わります。

3-3. 社員に情報を周知する

BCP対策の方針を決めそれぞれのリスクに対する対応を決めたら、社員に周知してください。
せっかくBCP対策を導入していても認知している従業員が少なければ有事の際に役立ちません。
マニュアルを配布する、実際に説明会や研修、訓練を行うなど、従業員全員がBCP対策について同じ認識ができるようにしましょう。

4. BCPを運用する際の注意点

運用する際の注意点

BCP対策を運用する際の注意点を紹介します。

4-1. BCP対策についての理解を深める

BCP対策を導入しただけで満足していると、万が一の際にとっさに対応できません。
従業員の誰か一人でもBCP対策に対しての認識が甘いとうまく連携を取れなくなる可能性もあります。
定期的にBCP対策について話し合い、導入するメリットを確認しあうなど、企業全体でBCP対策の理解を深めるようにしてください。

4-2. 優先順位を見誤らない

BCP対策を策定する際に事業の優先順位を決定します。
企業の軸となる事業を見極めることは非常に大切です。
重要な業務と、それに付随する業務から真っ先に対応、復旧作業を行えるようにしましょう。
この判断を誤ってしまうと、せっかくBCP対策について日頃から考えていても思うように作業を進められません。

4-3. 復旧のタイムリミットを決める

緊急時はその場での対応も大切ですが、その後の復旧作業も大切です。
復旧作業についてタイムリミットを決めておくといいでしょう。
どれくらいの期間事業がストップすると業績の悪化につながるのかを計算すれば、タイムリミットが見えてきます。
タイムリミットまでに復旧作業を終えるにはどの業務を優先すべきかという点もわかりやすくなるでしょう。

5. 中小企業の事業継続にBCP対策を導入しよう

BCP対策を導入

中小企業にとって重要なBCP対策について、導入するメリットや注意点を解説しました。
BCP対策は緊急時にスピーディーな対応や復旧作業をするために大切です。
とくに、中小企業は自然災害などだけでなく取引先からの影響も大きく受けやすいです。
平時にしっかりBCP対策を考えておくことで事業の縮小や倒産を防げます。
BCP対策を導入するための資金が不足している場合は融資を受けることも可能です。融資の対象の条件や融資の内容を確認し、必要であれば融資を申し込んでみましょう。

ジンジャーサインについて
ご不明な点はございませんか?

ジンジャーサインの製品、価格、導入方法、運用、活用シミュレーション、
その他何でもご不明な点があればお問い合せください。お待ちしております。

03-5908-8415
平日9:30~18:30